住宅の地盤について

住宅を建設する場合、必ず検討をしなければならないのが、地盤のことです。地盤は、その場所によっても異なり、隣り合わせの土地であっても異なっていることがあります。
表層の地盤が良好であっても、造成をした土地である可能性もあります。



そのために、地盤調査が必要になってくるのです。

隣地の地盤調査記録があったとしても、それは参考にはなりますが、必ず建設地の地盤を調査する必要があります。




東日本大震災では、津波による被害が大きく報道されましたが、地震による直接の被害も多く発生しました。



東日本大震災による地震被害には、岩盤などの強固な地盤に建設された住宅では比較的被害が低かったのですが、軟弱な地盤に建設された住宅では地震による揺れが大きくなったため、多大な被害が発生しました。

また、地下水位が浅い砂地盤では、液状化現象が発生して、不等沈下により、建設された住宅が傾斜したり、沈み込んだりするといった被害も発生しました。木造住宅の建設計画の地盤調査では、一般にSWS(スウェーデン式サウンディング)試験が多く利用されています。



SWS試験は、10メートルくらいの深さが限界ですが、調査費用や現場状況から、木造住宅では最も多く採用されています。

その際、設計者は地域の地形調査や近隣情報を調査する必要があります。


また、地下水位測定は必ず必要な調査です。

場合により土質調査なども必要になってくることもあります。

木造住宅は比較的軽いため、基礎が地盤表層部分に建設されますが、逆に言えば地盤の影響を受けやすいことになります。


特に、液状化対策では、表層の地盤改良や杭などを打ち込むことにより建設物に対する液状化の影響を無くするなどの方法があります。



そのうち地盤改良では、物理的な方法としては地下水の排水、地盤の締め固め、表層の置き換え、柱状改良などが行われます。
化学的な方法では、固化・固結材などで地盤の密度を高めて、せん断強度を高めるといった工法が多く行われます。